安心を手に入れる | 病気にかかった時、持病があるときの保険の違い

病気にかかった時、持病があるときの保険の違い

手

安心を手に入れる

日本人の死亡原因の中で、自殺を除いてはがんや生活習慣病で死亡する人が多い。
交通事故で死亡する人数は年々減っているが、がんや心臓病、高血圧が原因の動脈硬化などで死亡する人は増加傾向にある。
医療技術が発達してきているため、こういった病気を発症した人であっても、完治できる確率は増えている。
しかし、一度心臓病やがんにかかってしまった人は、保険に入ることは難しくなる。
高血圧のように今すぐ重大な症状を引き起こす病気ではなくとも、将来的に病気を起こす可能性のある持病を持っている人も保険に入ることが出来ない。
しかし、こういった将来に対して不安を抱えている人ほど、保障が欲しいものである。
そういった人々に対して、加入できる保険が徐々に整備されてきた。

日本人が発症する確率の最も多いがんを保障してくれる保険がある。
がん保険は基本的にがんに罹ったことがない人のための保険ではあるが、実損填補型では加入できるものもある。
また、特別に保険料を割増することで、がんやその他の病気にかかったことがある人でも加入が可能である。
その保険では、病気が見つかった臓器は保障しないなどの条件を付けることで、加入を可能にしている。
また、もともと病気にかかっている人のために作られた保険に注目が集まっている。
こういった保障では、糖尿病や女性特有の病気、高血圧の人のために、入院保障なども行っている。
保険に入るために既往症を隠しては、その後の保証問題にも繫がってしまうため、はじめから病気の告知をし、持病がある人のために作られた保険を利用した方が良いのである。